世界遺産 巡礼の道熊野古道 1日目


今から5年ほど前になりますが、大学時代の友人と一緒に熊野古道を歩きました。

といっても歩いたのは中辺路の一部ですが、古来からの巡礼の道は静かな緑の中でとても気持ちが良かったです。

 

熊野古道とは「蟻の熊野詣」と言われるほど、古代から貴族から庶民まで多くの人々が熊野に参詣したときに使われていた道です。伊勢から入る伊勢路や、修験者たちが修行で通った奈良と結ぶ大峰奥駆道などもありますが、中でも田辺から熊野本宮に向かう中辺路(なかへち)、田辺から海岸線沿いに那智・新宮へ向かう大辺路(おおへち)、高野山から熊野本宮へ向かう小辺路(こへち)が、「熊野参詣道」として世界遺産に登録されています。

 

世界遺産に登録されている“道”は、熊野古道を含めて2つしかありません。もう1つはスペインの“サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼道”です。どちらも歴史のある巡礼の道という共通点があります。これに四国のお遍路も世界遺産を目指しているということで、色んな意見がありますが信仰の道の歴史や文化を守っていく観点からいえば、ぜひその文化とともに登録されたら良いなあとおもいます。

 

歩き遍路をしてみて、野宿もイケる!となったので全編歩きでの古道歩きにもチャレンジしたいとおもいつつ、家族の介護などで忙しく挑戦できていません。

また、一緒に歩いた友人も今困難な状況の中にあって、自分の持てる力を注いでなんとか踏ん張っています。

 

5年前と今とで、わたしたちを取り巻く色々なことがずいぶん変わりました。30歳手前って、女は色々あるんです。

 

でも、この旅の中で感じた「わたしたちはきっと大丈夫。きっと幸せになれるはず。」という確信めいた気持ちは変わっていません。

今はお互い未来の事はわからなかったり、余裕がなく苦しくても、家族のことなどすべて上手くいって落ち着いておばさんやおばあさんになった時には、また一緒にゆっくりこの道を歩ける日がきっとくるとおもって、思い出しながらブログを書いています。

 

8月半ば、東京から夜行バスで和歌山駅へ。お盆の帰省などと重なったためか、交通渋滞がすごくて予定より3時間遅れて13:00 に到着。これで大幅に予定がズレたのにもかかわらず、思い出すと大きな問題もなく旅ができたので、この時点でなにかご加護があったのかな?と思います。

 

14:10 和歌山駅から特急“くろしお”にのって紀伊田辺駅に到着。

14:40 龍神バスで牛馬童子口バス停へ。そこで下車して、ここから熊野古道中辺路を歩きます。

IMGP3010

背の高い木々に囲まれて、アスファルトではなく苔むした石畳を歩いていると、気温は変わらなくても体感温度はぐっと涼しく感じました。

IMGP3013

「牛馬童子像」に到着。約30センチほどの小さな像ですが、優し気なお顔にとても癒されます。森の中でひっそりと佇んでいて、「よく来たね」と言ってもらえているような気になりました。

IMGP3018

熊野御幸の花山法王を模したと言われているそうです。

 

ここでスケッチしたり、セミの鳴き声や木の匂いを嗅いだりのんびりしました。

 

森の中を歩いていくと色んな音と匂いがしています。

五感で、自分の身体の色々な細胞で森を感じられてとても気持ちが良かったです。

 

本来の予定ではもう少し先の王子まで古道を歩く予定でしたが、バスの到着などが遅れたことにより、最終バスに乗れなくなる可能性がでてきたので、約1時間くらい歩いて近露王子までにしました。

IMGP3023

斉藤茂吉の歌碑が立ちます。

この辺りは茶屋や公園などあって休憩できます。

このバス停から、17:30発のバスに乗って一気に本宮大社前までいきます。

 

もう夕方なので神社の参拝は明日にして、宿の“B&B Cafeほんぐう”へ。

IMGP3024

すぐに見つかりました。

まわりにはあまり夕ご飯が食べれるところがないということで、こちらで薬膳カレーをいただきました。サラダも盛りだくさんで美味しかったです!この日初めてのまともな食事でした。

IMGP3026

 

重かったザックを下して、近くの健康センターのお風呂へ。

こういう地元密着の銭湯や健康センターのお風呂は、その土地の人の雰囲気がわかってすごく好きです。1日の汗と疲れをすっかり流してから、近所のスーパーで花火を買ってきました。

 

夜は二人で花火。手持ち花火は久々で盛り上がり、最後は大好きな線香花火でしっぽり。

IMGP3039

 

その後部屋でベットにごろごろしながら、いつまでもおしゃべりをしていました。

ずっと話が尽きなかったです。

 

 

ランキングに参加しています。良かったら応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ

コメントを残す

CAPTCHA